キャノーラのひみつきち

【2018年10月更新】私が選ぶおすすめ漫画&名言

f:id:ohtomo52:20181027225147j:image

 

こんばんは、キャノーラです!

 

ほんとーに困ってて、ブログのネタが全く思いつかないんです。

 

いや、思いつかないこともないんですけど、このブログの趣旨考えると、ちょっと違うかなってのばっかで。

 

でも書かぬわけにはいかないので、おすすめ漫画とアニメ紹介します。

 

今回は漫画編!

順番は特に意味はなく、思いついた順です。

 

あと、2018年更新とは書いていますが古い漫画もあります。

 

 

①ちはやふる(末次由紀)

 

実写映画化されているので知っている方も多いかと思います。

競技かるたのお話です。

 

主人公の千早(ちはや)が小学生の時に競技かるたと出会い、仲間と共に成長していく話です。

小学生から始まりますが、メインは高校生になってからです。

 

ジャンル分けすると、スポーツ系に分類されるかと思います。

 

【おすすめポイント】

 

・キャラクターが個性豊か、一人一人にドラマがある。

・仲間っていいなと思える。

・百人一首の歌の意味について、ストーリーと紐付けてドラマチックに説明がされている。

・絵が綺麗。

 

【名言】

 

『“青春ぜんぶ懸けたって強くなれない?”懸けてから言いなさい』

 

『やりたいことを思いっきりやるためには やりたくないことも思いっきりやんなきゃいけないんだ』

 

『「だって」と「でも」は 男の使う言葉じゃありません!』

 

漫画の世界だけではなく、我々もハッとさせられる名言が多いです。

 

 

②ハチミツとクローバー(羽海野チカ)

 

美術大学を舞台にした青春ストーリーです。

こちらも有名な漫画ですね。

 

若者なら誰しも一度は通る、「恋」「進路」「人生」などがテーマとなっています。

 

少女漫画ではありますが、男性にもおすすめできます。

 

【おすすめポイント】

 

・山田あゆみの片思いがとにかく切ない。恋をしている人なら「分かる」の連続。恋の名言連発。

・登場人物たちの心情がとても人間らしく、豊かに描かれている。

・絵がかわいい。女性キャラの服もかわいい。

・10巻で完結なので読みやすい。

 

【名言】

 

『「自分の一番好きな人が」「自分のことを一番好きになってくれる」 たったそれっぽっちの条件なのに どうしてなの 永遠に揃わない気がする』

 

『あげられるものなんて、心くらいしかないから・・・君にわたそうとおもった』

 

『チャンスが来た時に それに「飛び込めるか」「飛び込めないか」って 単純に お金の「ある」「なし」にかかってくるコトがほとんどな気がすんだよね』

 

『子供が子供なのは 大人が何でもわかってるって思ってるところだ』

 

この作品は名言が多すぎて、選ぶのが大変でした。

読んだことがない方は、ぜひ一度読んでいただきたい。

 

 

③死役所(あずみきし)

 

亡くなった人たちが成仏の手続きをするために訪れる「死役所」の話です。

 

様々な死に方をした人たちがやってきます。

 

ホラーに含まれそうな気もするので、苦手な方は読まない方がいいかも...。

 

【おすすめポイント】

 

・設定が作り込まれていて面白い。

・死について考えさせられる。

・短編構成なので読みやすい。

 

【名言】

 

『私達は生きている人の為に何も出来ません』

 

『笑っていれば大抵の人は騙せますから 他人も 自分自身も』

 

『お客様は仏様です』

 

この作品はこちらで試し読みできます。

 

www.comico.jp

 

 

④ReLIFE(夜宵草)

 

ニート更生プログラムの被験者となった28歳の主人公が、薬で若返って一年だけ高校生になる話です。

 

友情と恋の青春ストーリーです。

 

こちらも上記マンガアプリのcomicoで試し読みできます。

 

【おすすめポイント】

 

・若者とのジェネレーションギャップがたまに面白い。主人公と同じアラサー世代の人は特に楽しめそう。

・ラストに近付くと切なくなってきて良い(ネタバレになるので詳しくは言えない)

・設定が面白い。

・自分の生き方について見直すきっかけになる。

 

【名言】

 

『頑張ることを諦めないでくれ』

 

『あたり前のように友達に会える毎日なんて...大人になったらなくなってしまうのに』

 

『転んでも許してもらえる若いうちに その痛みや起き上がり方を学んでおくのも 大切かな、って思いますがね』

 

『また逃げますか?』

 

『実力で負けてるのに努力でも負けててどうするの』

 

他にも、大人が聞くとグサッとくるようなセリフがたくさん出てきます(笑)

 

 

⑤その他おすすめ

 

読んだのが大昔だったり、手元に漫画がなかったりで詳しく書けないものを挙げていきます。

 

 

●魔法陣グルグル(衛藤ヒロユキ)

 

ギャグメインのファンタジーです。小学生が喜ぶようなギャグが好きな人は面白いかも。

 

 

●ハーメルンのバイオリン弾き(渡辺道明)

 

こちらもギャグ多めのファンタジー。キャラクターの名前が楽器の名前になっていて面白いです。

ちなみにボスの名前は「王・ケストラー」笑

 

 

●進撃の巨人 Before the fall(原作:諫山創/漫画:士貴智志)

 

「進撃の巨人」の本編から約70年前の話です。

原作者が同じなだけあって面白いです。

 

進撃の巨人本編はキャラクターも魅力的ですが、こちらはキャラクターというより内容ですね。私の目線でですが。

 

 

●烈火の炎(安西信行)

 

炎を生み出す力を持つ主人公と、治癒の力を持つヒロイン。ヒロインの治癒の力を狙う敵。

悪の手からヒロインを守るために戦う主人公。

 

簡潔にまとめるとこんな感じでしょうか。

中二病的展開が好きな方は楽しめるかもしれません。

 

 

 

以上です。

少年漫画ばかりになってしまいましたが、少女漫画は有名どころしか読まないので分かりません(´・∀・`)

NANAとかラブコンとかね。

 

有名なのは有名になるだけあって、やっぱり面白いです。

ONE PIECEも今さらなので紹介しませんでしたが、大好きです。

 

次回はアニメ編です。

 

それでは!