絵で食っていきたい!~イラスト初心者の奮闘記~

透明水彩で絵本みたいな癒し系のイラストを描く【アイビスペイント】

こんばんは!キャノーラです!

 

本日は、私が憧れていた「絵本みたいな柔らかい感じのイラスト」の描き方について、初心者なりに解説します!

 

アイビスペイントで描いていますが、ほかのソフトでも応用可です!

 

ちなみに参考にしたのはこちらのサイトです。

www.clipstudio.net

 

 ①イラスト全体を画用紙の質感にする

 

まずは線画を用意します。

これ

 

f:id:ohtomo52:20190123160633j:plain

 

①を押し、素材パターン(モノクロ)から、②「画用紙1」を選択します。

すると用紙の真ん中にだけ素材が出てくるので、用紙いっぱいにするために③リピートをONにします。

 

f:id:ohtomo52:20190123160649j:plain
f:id:ohtomo52:20190123160659j:plain

 

全体に貼り付けることができました。

次に、④ブレンドモードから⑤焼きこみカラーを選択します。

⑥の不透明度スライダーを45%にします。

 

f:id:ohtomo52:20190123160719j:plain
f:id:ohtomo52:20190123160733j:plain

 

これで、イラストに画用紙の質感を出す準備ができました。

 

②下塗りをする

 

色を塗ったときに単調にならないように、下地に色を塗ります。

 

まずは一番下に新規レイヤーを作成します。

そして、影となる部分に色を塗ります。

 

①ブラシツールから、②水彩(にじみ)を選択。

 

f:id:ohtomo52:20190123163351j:plain
f:id:ohtomo52:20190123163524j:plain

 

影の中でも比較的明るい部分には暖色系、暗い部分には寒色系を塗ります。

 

参考にした上記の記事では、薄いピンクと青、光の当たる部分には薄い黄色となっていました。

私はやり方がおかしいのか、イラストに合ってないのか、その通りに塗ったら変になりました。

 

なので今回は「薄いピンク」「薄い茶色」「薄い黄色」に変えてみました。

 

塗り終えたらレイヤーを開きます。

ブレンドモードを③ピンライトにして、④不透明度スライダーを49%に設定します。

 

f:id:ohtomo52:20190123163453j:plain
f:id:ohtomo52:20190123164217j:plain


ブレンドモードを変更すると、塗った色が見えなくなりますが問題ないです。

 

これで下塗りは完成です。

 

③本塗りをする(肌)

 

 続いて肌の色から塗っていきます。

一番下に新規レイヤーを作り、ブレンドモードは「乗算」を選択します。

この後からはブレンドモードは基本的に乗算を選びます。

 

肌の色は、赤ちゃんの色白さを出したかったので不透明度を80%あたりにしてみました。

 

f:id:ohtomo52:20190123222326j:plain
f:id:ohtomo52:20190123221711j:plain


続いて、ひとつ上に新規レイヤーを作って影を入れていきます。

 

なんでか分かりませんが、肌と同じ色で塗っても影っぽくなりました。

色を暗くすると不自然になってしまったので、このまま塗ります。

 

一通り塗ったらはみ出ている部分を消しゴムで消します。

消しゴムも「水彩(にじみ)」を選択。

 

はみ出てる部分同士の色が混ざり合って味が出るとかで、あんまり神経質に消さなくていいらしいですが、気になるもんは気になる。

神経質になりすぎない程度に綺麗に消しました。

 

続いて、全体的にやんわり、ぼんやりした感じのイラストにしたいので、影の境い目をぼかします。

①ぼかしツールを使って、いい感じにぼかしていきます。

 

 

f:id:ohtomo52:20190123221657j:plain
f:id:ohtomo52:20190123221732j:plain

 

こんな感じでしょうか。

肌が塗れました。

 

f:id:ohtomo52:20190123221720j:plain

 

④本塗りをする(全体)

 

肌と同じようにほかの部分も塗ります。

 

ひよこの気ぐるみ部分を塗ったら、なんかどぎつくなってしまったので、不透明度を75%に下げました。

右です。うん、いい感じ。

 

f:id:ohtomo52:20190123221645j:plain
f:id:ohtomo52:20190123221638j:plain

 

肌と同じように、はみ出てる部分を消して影をつけます。

くちばしと足まで塗れました。

 

f:id:ohtomo52:20190123221648j:plain
f:id:ohtomo52:20190123221714j:plain

 

ソファは何色でもいいですが、赤ちゃんなのでパステル系の優しい色にしました。

 

f:id:ohtomo52:20190123221738j:plain

 

⑤顔を塗る

 

口をいい感じに適当に塗ったら、次は目です。

 

目は私にとってはまだ難関です。

まずは全体を塗ってみます。

 

f:id:ohtomo52:20190123221735j:plain

 

こ、こわい…。

 

光を入れていけば可愛くなるはず…。

 

ここで残念なお知らせ。

目を描く過程のスクリーンショットを撮り忘れました。

 

がーん。

 

なので、一気に完成形。

 

f:id:ohtomo52:20190123221652j:plain

 

かわいい…のかな…?

 

まぁ、いいでしょう。

 

赤ちゃんなので可愛いほっぺも忘れずに。

 

f:id:ohtomo52:20190123221708j:plain

 

⑥線画の色を変えて周りとなじませる

 

ほっぺたの画像では変わってしまっているのですが、線が黒いままだと全体の柔らかな雰囲気に合わずに浮いてしまいます。

線画の色を変えましょう。

 

線画を描いたレイヤーを選んで、①フィルターから②線画色変更を選択します。

右下に色合いを調整するためのスライダーが出てくるので、ここで調整。

 

f:id:ohtomo52:20190123221725j:plain
f:id:ohtomo52:20190123221641j:plain

 

上と同じ画像で申し訳ないですが、このように変わりました。

 

f:id:ohtomo52:20190123221652j:plain
f:id:ohtomo52:20190123221708j:plain

 

これはほんとに魔法みたいで、線画の色を変えるだけで一気にそれっぽくなる優れもの。

初心者の味方ですね。

 

⑦仕上げ

 

細かい気になる部分を修正して、文字と背景を入れて完成です。

 

じゃん!

 

f:id:ohtomo52:20190123221728j:plain

 

ほっぺたがなんか変だったので直しました。

 

今回は透明水彩で可愛い絵を描くのがテーマだったので、背景は適当になってしまいました。

まっ、気合入れて描いてもそんな変わりませんが!笑

 

 

それでは、「透明水彩で絵本みたいなイラストを描く」でした!