絵で食っていきたい!~イラスト初心者の奮闘記~

アイビスペイントでの2頭身の描き方【実践してみた】

f:id:ohtomo52:20190127225119j:plain

 

どうも!キャノーラデス!

今日はちょっとテンション高め!

 

なぜなら~?!?!?

 

アドセンス通ったから~~~!!!!

 

通ったからといって油断せず記事書きます!

 

今日は、アイビスペイント公式でデフォルメキャラの描き方動画がアップされていたので、それを実践してみました!

 

こちらの本も参考にしています。

 

 

①丸と線でアタリを取る

 

描くのは2頭身キャラです。

 

まずは丸を描いてアタリをとっていきます!

 

実を言うと、私これまでアタリってものを取らずに描いていました。。

理由はめんどk…

 

こちらの記事でもちょっとふざけたことを言っています。

www.canolaflower-moon.info

 

「テキスト通りに描くのやめた」って…。

我ながらひどいですね笑

 

ですので、初ではないですがきちんとアタリを取りながらの2頭身にチャレンジします。

 

 

①定規ツールから②円定規を選択。円をひとつ描きます。

次にレイヤーを開き、を選び④レイヤーの複製を選択すると、全く同じレイヤーがもうひとつできます。

 

そしたら⑤の上下反転を選択!

 

f:id:ohtomo52:20190125223427j:plain
f:id:ohtomo52:20190125223439j:plain

 

すると、選択中のレイヤーが上下反転するため、顔と体の部分となる円がふたつできます。

 

あれ…?

 

f:id:ohtomo52:20190125223453j:plain

 

離れてるがな。

これじゃ首長族になってしまう。

 

しかたない。

⑥投げ縄ツールを使って左右は動かないようにふたつの円をくっつけました。

左右が動いていないかどうかは、動かしてる時に画面上に数値が出てくるので分かりました。

 

円がくっついたところで、⑦のレイヤー結合を選択。

円が二つ繋がってるひとつのレイヤーができました。

 

f:id:ohtomo52:20190125223507j:plain
f:id:ohtomo52:20190125223519j:plain

 

⑧定規ツールから⑨定規OFFにするのも忘れずに。

 

f:id:ohtomo52:20190125223532j:plain

 

これで、2頭身の元ができました。

 

 

 次に、線を引きます。

レイヤーを開き、新規レイヤーを追加します。

 

①定規ツールから、②直線定規を選択。

円のちょうど真ん中に縦線を引きます。

真ん中の位置は、いっぱい出ている縦線を目安に決めました。

 

f:id:ohtomo52:20190125235115j:plain
f:id:ohtomo52:20190125235126j:plain

 

続いて、定規を横にして目の中心の位置とお股の位置に横線を引きます。

 

目の中心は最初に紹介した本によると「円の4分の1の場所」らしいです。

お股は、胴体と足が6:4になるくらいの位置。

 

こんな感じでしょうか。

 

f:id:ohtomo52:20190125235139j:plain

 

線が引けたら、定規はOFFにします。

 

レイヤーを開き、アタリを取ったふたつのレイヤーの③不透明度スライダーを動かして、線を薄くしておきます。

 

f:id:ohtomo52:20190125235153j:plain

 

これでアタリを取る作業は終了です。

 

②輪郭と体のラインを描く

 

続いて、顔と体を描いていきます!

 

2頭身の可愛さを表現するため、全体的に丸く顎はとがらせません。

頭と顎のラインを先に描いて、残りの部分をつなげる感じで描いていきます。

 

体も丸みが出るようにラインを描きます。

 

f:id:ohtomo52:20190127212909j:plain
f:id:ohtomo52:20190127212919j:plain

 

お気づきの方はいらっしゃいますでしょうか?

最初に描いたアタリの、体の横線の位置が変わっています…。

 

最初に描いた場所で体を描こうとすると難しかったので、位置を変えちゃいました。

これ、最初に描いたやつは本に書かれていたやり方で、こっちはアイビス公式動画で紹介されてたやり方。

アイビスの方で描いたら割と簡単でした。

 

③顔を描く

 

次は顔を下描きします。

アタリの部分が目の中心になります。

横の中心は、アタリを4等分した場所

 

目の形はお米みたいな形だと可愛いらしいです。

 

f:id:ohtomo52:20190127212929j:plain
f:id:ohtomo52:20190127212939j:plain

 

うわまぶたは太い線で描きます。

ここでは描いてない(描き忘れたなんて言えない…)んですが、まつげは太く短く、二重の線も短い線で表現するそうです。

 

そして、左右同じ大きさ・形で描くのはとっても難しい。

やっぱり左右で違ってしまいました。

そんなときは「投げ縄ツール」!!

 

 ①投げ縄ツールで直したい部分を囲んだら、②の移動のマークを選びます。

 

f:id:ohtomo52:20190127212951j:plain
f:id:ohtomo52:20190127215200j:plain

 

③パース変形を選択すると、画像のように青い枠で囲まれます。

丸がついている部分をドラックすると、中の絵が伸びたり縮んだりします。

 

ちなみに左隣の「移動拡大縮小」を選べば、その名の通り大きくしたり小さくしたり移動させたりできます。

 

いい感じに修正できたら④選択解除を押すのを忘れずに。

 

f:id:ohtomo52:20190127215205j:plain
f:id:ohtomo52:20190127215757j:plain

 

あとは口を描いたら顔の出来上がりです。

どうでしょう?もう少し目が大きいほうが可愛いかな?

 

f:id:ohtomo52:20190127213032j:plain


 先ほどの「投げ縄ツール」「移動拡大縮小」で目を大きくしてみましょう。

 

f:id:ohtomo52:20190127213047j:plain

 

気持ち程度大きくしてみました。

 

これで顔の下描き完成です。

 

④線画本番

 

最初のアタリの時と同じように、下描きは薄くしておきます。

髪の毛以外は下描きをなぞります。

 

2頭身の髪の毛は、細かく描きすぎるとバランスが変になってしまうので、大きな束で描きます。

前髪は束3つくらいがちょうどいいらしいです。

 

f:id:ohtomo52:20190127213102j:plain


描けたら変じゃないか確認のために、アタリやら下描きやらを消して見てみます。

 

レイヤー画面の、この目のマークでオンオフできます。

 

まぁ、こんなもんかな?

 

f:id:ohtomo52:20190127215209j:plain
f:id:ohtomo52:20190127213114j:plain

 

服も描いて、また薄い線は消してみます。

 

f:id:ohtomo52:20190127213133j:plain
f:id:ohtomo52:20190127213151j:plain

 

なんか変…??

 

服のバランスかな…と思い、ワンピースにしてみました。

ついでに描き忘れていた眉毛も描きました。

 

f:id:ohtomo52:20190127213212j:plain

 

さっきよりはいいけど、まだなんか変…。

足が太すぎるのかな…でもアタリに忠実に描いたんだけどな…。

 

この後もいろいろ試行錯誤してみたんですが、結局ちょっと変なままでした。

デフォルメも6頭身とか7頭身とは違った難しさがありますね。。

 

 ⑤まとめ

 

これまでずっと避けていたアタリをとってから線画を描く作業をしてみたわけですが、これやると毎回思うのは「アタリなんか取らない方が上手に描けるし早い」です笑

 

慣れないからでしょうね。

慣れてくれば、きっとこれ無しでは線画は描けなくなることでしょう。

初心者のただの予想ですが。

 

実際ちゃんとやらないとバランスとか変になるんでしょうから、習得しないとですね。

頑張ります。

 

それでは、「アイビスペイントでの2頭身の描き方【実践してみた】」でした!